TOP > 


バイスピードバイク便

バイク便とは

バイク便とは、大都市内での小規模輸送形態の一つです。

バイク便という名のとおり、バイクを使って輸送します。

新聞や郵便の配達、ラーメンやピザなどの出前でもバイクを使うことがありますが、ここでは世間一般的な貨物自動車運送事業法などの適用を受けるバイク便事業のことです。

バイク便は、特に東京や大阪など大都市内や周辺の渋滞の多い地域で、当日中(数時間以内)という配送・配達に多く用いられます。

バイク便を利用すると宅配便に比べて運賃がだいぶ割高にはなりますが、宅配便が翌日配送を原則とするために、特に急いで送る必要のある企業間の連絡や少量貨物(主に書類や原稿など)の輸送に利用されます。

出版関係では原稿(電子原稿の記録メディアを含む)や写真フィルム等の輸送でも頻繁にバイク便が利用されます。

欧米では1980年代には、日本国内では1990年代から、バイク便の活発な活動が見られ、近年ではインターネットの高速化(ブロードバンド通信)が普及したため、ややその利便性は減るかに思われましたが、情報化社会では扱われる情報量も増大し、また電子化できない物品の迅速な輸送に、相変わらずバイク便は重宝されています。

●バイク便の利点と欠点

バイク便の利点としては、四輪車では通行しづらいような狭い場所にも行けることや、慢性的に渋滞している区間や、細々とした道で総合的に四輪車より速いことが挙げられます。

バイク便の欠点はタンデムシート(後部座席)付近に搬送用のトランクを括り付け、その中に荷物を入れて輸送することになるため、輸送する物の大きさや重量に制限があることです。

そのために、バイク便で輸送できるものは書類や印刷物のような「小型・軽量な」ものに限られます。

また、バイクでは利点を発揮できない場所や用途(高速道路を使った長距離・大量輸送等)の場合は、明らかに四輪車に劣ることもバイク便の欠点です。

そこで、バイクでは運びきれないような比較的大型の貨物輸送にも対応するため、バイク便事業者によっては、バイク輸送だけでなく軽四輪輸送にも対応しています。

200km以上の長距離の場合は、バイクよりも新幹線など鉄道のほうが時間がかからず安全に配送できることが多いため、長距離配送の場合は輸送手段として新幹線を組み合わせるバイク便業者もあります。

●バイク便の形態

使用されているバイクの車種は、都市部での乗りやすさや、すり抜けの容易さ、1年あたり数万kmの走行に耐えられる耐久性、安い維持費が求められるため、CB400SFや、車検が不要な250ccのオフロードバイク、ならびにVTシリーズ(SPADA、ゼルビス、VTR250)、ジェイド/ホーネット250などが多用されます。

また、アドレスV100に代表される小型自動二輪(原付2種)のスクーターは、高速道路は通行できませんが、小型・軽量で取り回しが良く機動性に優れるので、中近距離配達に最適として利用するバイク便業者が多い。

バイク便の事業規模は、文書の電子化や電子メールの普及により減少傾向にあります。

このため、郵便事業の一部民間開放に伴い、拠点的な事業展開を検討するバイク便業者もいます。

●災害地域におけるバイク便の活用

都市部での、渋滞に強い事が利点のバイク便ですが、これとは別に被災地域での機動力が近年になって注目されています。

1995年に発生した阪神・淡路大震災では、倒壊家屋や道路の分断により、地上ルートが一般車両の交通が不可能なまでに破壊されてしまいました。

しかし市民らの中でも、オートバイを所有する人たちは、この破損した道路を行き来する事が出来、援助物資の輸送や、各種連絡の際には二輪車が活躍しました。

この「バイクは災害に強い」という教訓は、後にバイク便やバイク愛好者を中心としたボランティアチームが勃興するきっかけとなり、新潟県中越地震ではバイク愛好者やバイク便関係者らによるボランティアチームによって、山間地などの被災者に食糧や医薬品等の援助物資の配達が行われました。

更にこれを進め、被災地域での企業関係者へのサポートを行うサービスも登場しており、バイク便は危機管理の面で注目を集めています。


関連エントリー